スポンサードリンク

2007年09月02日

アールグラージュ作家

アールグラージュ作品が行列に紹介されましたが、番組内で紹介された絵画はそれぞれ作家さんが違います。

例えば、、、

アール・グラージュ・「シーサードテラス2」
この絵画はその名の通り、海辺のテラスからの風景が昼バージョンと夜バージョン、2パターンある絵画ですね。
夜になると、月が出て星も輝き始めます。
このアールグラージュ絵画の作家さんは大下亮さんといって、 多摩美術大学美術学部デザイン科を卒業後、イラスト畑を歩み、版画制作にも精通した作家さんです。
アールグラージュ作品は他にワイキキビーチ、冬のソナタ、石垣島などがあります。

アール・グラージュ・「天空」
この絵画も番組内で紹介されて大好評だった版画です。
これも天使の浮き立たせ方がコントラストが効いていて印象的です。
この絵画の作家さんは小森修さんといって、この方もヒルトンや三越などで個展を開いていた実力派の作家さんです。

他にも、アールグラージュの生みの親ともいえるゲリー・フェンスキーや日本人アールグラージュ作家の第一人者近藤 薫さんの作品なんかが取り扱われています。
posted by アルすご at 23:39 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アールグラージュという絵画

アールグラージュは絵画というイメージですが、正確には版画です。

アールグラージュはいろいろな作家さんがその制作に携わっていますが、平均して210枚しか制作されていません。

特殊な画料と特殊な技法で制作された絵画ですので、一枚一枚のオリジナル性や完成度が高い、希少価値に優れた絵画です。

また、アールグラージュの一番の特徴は、その良さが万人にわかりやすいという点かもしれません。

光の加減で昼〜夜へと景色が変わっていくというアイデアは、今までの絵画の評価からは一線を画した見方が必要になってきます。

絵画というと、ちょっと難しく構えてしまう人が多いと思います。

構図がどうとか、色遣いがどうとか、専門家の目線で見なければなかなかその良さはわからない。。。

絵画とはそんなものだという発想が多くの人にあると思いますが、アールグラージュは見た目の変化がその良さのすべてです。

芸術性の高い絵画が一日のうちで表情を変えていく様は、保育園児でもはっきりと良さが認識できるはずです。

そんなわかりやすくて優れている絵画だからこそ、多くの人を魅了してやまないのではないでしょうか。
posted by アルすご at 22:32 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アールグラージュ:行列のできる法律相談所で紹介

アールグラージュという行列のできる法律相談所で紹介された絵画(版画)が大変な注目を集め始めています。

アールルネッサンスという会社が展開している昼と夜とで景色の変わる絵画は、行列のできる法律相談所でも大変絶賛されました。



アール・グラージュ・とは、一枚の絵の中で、朝から夜へ、春から秋へ・・・
ゆったりとした時間の流れを幻想的に表現していく唯一のアートです。

              (アールグラージュ楽天ショップより)



絵画というものは本来、いつのときも同じ顔をしているものですが、このアールグラージュは光の加減によりその顔に変化が出ます。

昼の景色と夜の景色では全く違った顔を見せるアールグラージュというその絵画は、マイケルジャクソンやクリントン元アメリカ大統領など、世界のセレブからも支持され、少しずつでも確実に熱狂的なファンを増やしつつあるようです。

行列のできる法律相談所でも紳助さんをはじめとする出演者を感動させました。

これからどんな展開を見せるのか、楽しみです。
posted by アルすご at 22:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。